クイーンはクラウンがあまりにも重いことを認めます。

​この間エリザベス2世とのインタビューでは、女王は戴冠式でかぶっているクラウンは「何トンのように重い」と言い、弓を振ることもできなくてクラウンは本当に落ちるだろうと言いました。 しかし、それでも、お姫様になる夢を持っている女の子が沢山います。結婚式で綺麗なクラウンを身に着けて、まるで本当のお姫様になったみたいにするでしょう。しかし、どのようにクラウンを選択するのか? 今日の花嫁のクラウンについての話をしましょう!

 

かつては権利と地位の象徴としてのクラウン、

王族のみが着用できる最高のジュエリーです。

現在、ヨーロッパの王室だけではなく、

結婚式にもよく出られています。

 

 

①     古典的な高級スクール

古典的な贅沢のクラウンほとんどは、ヨーロッパの古典的な形を継承し、

クラウンは比較的に高く、

多くの貴重な石で飾られ、

ほとんどのモデリング要素は古典的ですが、

アーチ、十字架、花、湾の葉などのようなモデリングが使用しています。

高貴、端麗な雰囲気が伝えています。

 

裾の大きくて長いスタイル、オキシスカートのようなウェディングドレスはこのクラウンによく似合います。

髪を高く巻くことも忘れないでください。

 

②     モダンスタイル

非常にユニークなヘッドドレスがあります。

バンドのように髪の毛を前に縛られていても、

頭の上にクラウンとして着用することもできます。

女性の優しいところを見せます。

特に短髪の女子にぴったりです。

 

 

 

③      何気なくBoho派

Bohoは近年はやっているスタイルです。

それはボヘミアンとヒッピーの要素の融合しているスタイルです。

過去2年間人気のアウトドアの結婚式で

ボウホウスタイルのクラウンをかぶるならきっともっと綺麗に見えるでしょう。

 

ボホウウインドクラウンは自然からのインスピレーションの多くを、

ブドウ、葉、花、鳥、

特に、ゴールド、小さな真珠がアクセントし、

小さなレトロでカジュアルがします。

コントラストBohoのウェディングドレスも女の子のお気に入り、

レース、プリーツ、ランタンの袖、タッセルは重要な要素です。

 

あなたの好きなスクールはどんなスタイルですか?

またはあなたに印象づけるのはどのスクールですか?

是非、私たちにコメントしてみてください。